ネットの窓口

ネットを始めるには環境を整えなければなりません。ネット環境を整えるとはどういう事なのでしょうか?!

今回は自宅のパソコンを使ってネット環境を整える方法について紹介します。

お家のネット回線を選ぶには?!

自宅のパソコンを使ってインターネットがしたいって思ってる方は、どうすればネット環境が整うのかを簡単ですけど説明をしますね。

自宅にネット環境を整えるなら光回線が一番です。なぜなのかを説明すると、有線で接続をするのでネットが安定しやすい特徴があります。

Wi-Fiなどの無線でネット環境を整える方法もありますが、これだと電波状況により快適にインターネットが楽しめません。途切れたり重くなったりするのですね。

という事で光回線で進めていきますね。

参考にしたサイトインターネット利用状況/総務省

光回線について

光ファイバー線を自宅に引き込んでインターネットをする光回線ですが、有線だけに安定性も優れていますし、速さもあって快適にインターネットが出きるのが特徴です。

一時期ですが、光コラボレーションというプロバイダーと光回線をセットにしたサービスが導入されたばかりの頃、夜間や土曜日、日曜日などの休日になるとアクセスが集中し回線がパンクする事態が起こりました。

ですが、IPoE接続とIPv6の両立で夜間でも休日でも快適にインターネットが出来るようになったことは喜ばしいです。一般にv6プラスと呼ばれてるサービスです。

光回線のデメリット

光回線についてでも書きましたが、デメリットはアクセスが集中すると、速度が減退し重くなること。そうなると、快適さがなくなり逆に不快感になります。

光回線は、電線にある一つの光ファイバー線を周辺の住宅街に分けられるために、アクセスが集中すると遅くなることがデメリットです。

料金もWi-Fiなどと比べると高いと感じるかも知れませんね。けど、安定性ではWi-Fiよりも優れており抜群に良いです。

自宅に光回線を導入するには?!

ここで一つ注意してほしいことがあります。自宅に光回線を導入するためには、プロバイダーの契約も必要です。光回線だけの契約ではインターネットは出来ないのです。

光回線を導入する手順

1.光回線を申し込む(プロバイダーも申し込む)

まずは、光回線を申し込みます。スマホからでも申し込みは出来るので、インターネットで申し込みをした方が、特典もあってお得になれると思いますよ。

光回線の工事を予約する

光回線の申し込みをすると、オペレーターより連絡が来ます。そこで、工事の予約をしましょう。光回線の工事には必ず誰か1人の立会人が必要です。

家族で申し込みをされた方は、誰か1人を立会人として自宅で留守番をしてもらいましょう。一人暮らしの方は、ご自身の都合の良い日を選びます。

光回線の工事をする

予約をした日に、自宅へ光回線の工事のためにスタッフが数名訪れます。工事は、電線から出てる光ファイバー線を自宅へ引き込み、自宅内へ引き込む工事をされます。

時間にすると1時間程度で終わります。

パソコンにプロバイダーを設定して開通

光回線工事が終わり、パソコンにプロバイダーを設定したら、インターネットの開通となります。

ネットの窓口として光回線はフレッツ光がおすすめ!

光回線を導入するなら、今後のことも考えてフレッツ光がおすすめです。その理由は、フレッツ光ならプロバイダーを他社に変えて楽しめるからです。

参考プロバイダー変更