頻尿からの寝不足を解決するには、体内時計を正常に

夜中に何度もトイレに行きたくなってしまい、そのせいで寝不足になってしまう方が最近増えてきているようです。

人が一日にトイレに行く回数の平均は、だいたい五回から六回程度。もちろん個人差があり、これより少ない方も多い方もいます。

日中頻繁にトイレに行きたくなってもそこまで困りませんが、夜ねむっている間に目が覚めるほどトイレに行きたくなるのは少し困りますよね。まとまった睡眠時間がとれなければ疲れもとれませんし、さまざまなからだの不調の原因にもなります。

夜間に何度もトイレに起きてしまう人は、普段から夜更かしをすることが多いような印象があります。

普通、人はねむっている間は尿意をあまり催さないようになっています。日中起きて活動しているときには何時間かごとにトイレに行きたくなるのが普通ですが、何時間もまとめてねむる夜には、からだがちゃんと我慢するようになっているのです。

しかし日頃から夜更かしをしている人のからだは、夜の間も起きている状態をおぼえてしまっています。夜にねむって朝起きる生活をしていればそのリズムに合わせて尿意をコントロールしてくれるのですが、夜更かしを続けて体内時計が乱れてしまうと、夜間ねむっているあいだにも日中と同じタイミングでトイレに行きたくなってしまうのです。

頻尿になる原因はいろいろありますが、男性であれば前立腺に問題を抱えている場合もあります。病気をうたがうのであれば、他にも糖尿病などが原因の候補としてあげられます。

また、寝不足や寝付きの悪さが問題の場合はまず睡眠を改善しなければいけません。頻尿だからといってひとつの病気だけをうたがうのではなく、まずは全体的な生活習慣から見直すことが大切です。

頻尿に悩む方向けに、生活リズムを正し、疲れたからだのサポートをしてくれる「さわやかフリー」というサプリメントも販売されています。

もちろん生活習慣そのものを正しいリズムに戻すのも大事ですが、そもそも夜満足にねむれていない方にとって、朝きちんと起き、昼間は活発に動いて、夜は早めにねむる、という基本的なリズムを取り戻すのはなかなかにむずかしいことのはず。まずは夜間のトイレの回数を減らし、それからきちんと睡眠をとるようにすれば、おのずから健康的な生活リズムで毎日を過ごせるようになるでしょう。

それを助けてくれるのが、このさわやかフリー。うまくねむれずに悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

【PR】もうトイレで悩まない! 〜ペポカボチャ種子エキス+クランベリー〜