頻尿からの寝不足、サプリに頼ってみるのもアリかも?

夜うまくねむれなくなってしまい、寝不足になってしまう原因にはさまざまなものがあります。

ねむっているあいだにトイレに行きたくなって、何度か目を覚ましてしまうのもそのひとつ。細切れにしか睡眠をとれなくなり、ぐっすりとねむることができなくなってしまいます。特に、寝ついてから四時間~五時間ほど経った頃、ねむりが浅くなってから目を覚ましてしまうと、そのあとちゃんとねむれず、慢性的な寝不足になってしまいます。

頻尿の原因はさまざまです。前立腺の異常や糖尿病などの病気が理由のこともあれば、生活リズムが狂ってしまっているのが原因になっていることも。

そもそも、普通はねむっている間はトイレに行かなくても大丈夫なよう、からだが自然に調整してくれています。起きて活動している日中とくらべ、トイレの回数が極端に減るのはそのせい。

しかし、にもかかわらず尿意で目を覚ましてしまうのは、なんらかの理由によってからだのサイクルが崩れているから。特に普段から夜更かしをすることの多い人は要注意です。慢性的に夜更かしをしていると、夜遅くにも起きている、という状態をからだがおぼえてしまい、普通なら自然にこなしている夜間の尿意のコントロールができなくなってしまうのです。

頻尿を改善する方法のひとつに、少しだけ尿意を我慢してみる、というものがあります。

頻繁にトイレに行きたくなってしまう人は、膀胱に少しでも尿がたまるだけで尿意を催してしまいます。実際トイレに行ってみたらあまり出なかった、という経験をした人も多いはず。

つまり、普段から頻尿の人がトイレに行きたくなるタイミングでは、実はまだ尿がそこまでたまっていないことが多いのです。そこで少し我慢するくせをつけると、行く必要がないのに尿意を催してしまうという症状が改善される場合もあるのです。

とはいえ、からだにくせをつけたり生活習慣の乱れを直すのには少し時間がかかります。その間にも寝不足が続けばからだの調子は落ちる一方。

そんなときは、あまり無理をせずにサプリメントに頼るのもよいかも知れません。

さわやかフリーというサプリは、加齢とともに乱れがちな生活リズムを正すのを助けてくれます。早寝早起きとバランスのよい食生活、適度な運動など、自身の努力もたいせつですが、まずは質のいい睡眠のためさわやかフリーの助けを借りてみるのもおすすめしたいと思います。

【PR】もうトイレで悩まない! 〜ペポカボチャ種子エキス+クランベリー〜