水分をちゃんととるための頻尿対策

健康や美容のためには、なるべく多くの水分をとることがよいとされていますよね。一日に、およそ2リットルほどの水分をとるのが理想といわれています。

特に夏場は、汗をかいたからだへの水分補給のため、たくさんの水を飲まないといけません。大丈夫だと思って油断していると熱中症にもなりかねないですし、それでなくても脱水症状を起こしてしまう、なんて事態もありえます。

喉がかわいたという感覚がある時点で、からだはひどくかわいているといわれています。からだの健康のためには、喉がかわく前に水分をとることがたいせつです。

しかし、水分補給をしっかりすればするほど気になるのがトイレの回数。頻尿気味の方はなおさら、水分補給が億劫になってしまうかも知れません。夜ねむる前は、どれほど喉がかわいてもお水を飲むのは避けるという方もいらっしゃるでしょう。夜遅く、ねむっているのにトイレのために起きることを繰り返していたら、すっかり寝不足になってしまいます。

とはいえ、いくらトイレに何度も行くのが億劫だとはいっても、水分補給はやはり大事。トイレに行くのがいやだからとお水を飲むのを控えても、かえって体調不良を招いてしまうことにもなりかねません。

頻尿は、加齢による体力の低下、筋力の衰えなどによって起こることも多くあります。尿を一定の量までためておく力、最後まで排出しきる力が足りなくなってくると、あまりたまっていないのに尿意を催したり、残尿感が消えないようになってきたりするのです。

体力をつければ頻尿はよくなるとはいっても、ご年配の方が筋力トレーニングを継続していくのは至難の技。また続けられたとしても、その効果が出るのはしばらく先のこと。長いスパンで症状の改善を考えるのはいいですが、効果が出るまでよくねむれない夜が続いていけば、筋力がつくより先に体調を崩してしまいます。

そんなときには、自分ひとりでたたかうのはやめて、素直にサプリメントに頼ってみることにしましょう。

「さわやかフリー」というサプリメントは、なんと尿もれ・頻尿の方のために開発されたもの。筋肉を増強させる「効果のある栄養価やビタミン、アミノ酸を多く含んでいるのが特徴です。規則正しい生活をし、バランスのいい食事と組み合わせて摂取すれば、筋肉を成長させる手助けをしてくれることでしょう。

自分ひとりの努力では少し荷が重いかも知れませんが、さわやかフリーの手伝いがあれば、トイレの回数も減り、もっとアクティブに動けるようになるかも知れません。