OSI参照モデルって何?!

OSI参照モデルって何?!

簡単に答えを書くと、OSI参照モデルとは、「ISO(国際標準化機構)が作ったどんな通信機能の仕組みを共通のルールで整理した」モデルとなります。

なぜ7層に分けたのかと言うと、1つの層だとあっちもこっちもと一度に考えなければなりませんよね。でも、分けることで1つ1つの層だけを考えれば良いのでまとめやすいです。

アプリケーション層について

アプリケーション層は、ユーザーに一番近いとされている層です。ユーザーにネットワークサービスを提供するための層なのです。

ネットワークを利用するソフトと問題なくプロトコル(インターネット上のルール)に沿ったやり取りが出来るように整える層です。

プレゼンテーション層について

ネットワークは、1つの国だけが利用してるものではありません。全世界が利用するものなので、皆が書かれてることが分からなければならないという事があります。

プレゼンテーション層は、データー形式の変換について定めたものとなります。

コンピューターがわかるデーター形式が母国語になり、ネットワークで共通のデーター形式が英語になります。これではバラバラなのでお互いが分かるように変換する層がプレゼンテーション層となります。

セッション層について

通信の開始から終了までのあらゆることが定められた層です。

要するに開始するための定義をして、終了するための定義をすると言った感じで、一日の流れの様に、「おはよう」から「おやすみ」までの1日の流れをルールとして定義したものがセッション層です。

トランスポート層について

トランスポート層では、データーのやり取りを確実に行うために定められた層です。

通信が相手とのやり取りで正しく届いたか、信号の受け渡しが正しく行われたかを管理する層がトランスポート層になります。

ネットワーク層について

ネットワーク層は、目的のサーバーへデーターの受け渡しについて定められた層です。

ネットワーク層には「IP」があります。IPアドレスのIPということですが、IPアドレスはネットワークでの住所を表すものです。そんな感じの定義がいろいろと書かれています。

データリンク層について

直接つながってる機器への信号の受け渡しについて定義したものが書かれてますよみたいな感じです。

隣り合う機器同士のやり取りに関して定義されたもので、例えばパソコンとルーターや、パソコンと無線LANアクセスポイントなど隣り合う機器同士についてのルールが定義された層です。

物理層について

物理層は、ケーブルやコネクターなど物理的なものについて定義された層です。

まとめ

以上がOSI参照モデルの中身を説明したものです。それぞれが層になっていますが、大雑把に通信機能のあらゆることがルールとして定義されたものがOSI参照モデルと覚えておくといいですよ。